日本地図

グループ学習

柏の葉学園第2教室です。
朝夕はだいぶ肌寒くなってきましたね。
秋の深まりを感じます。

緊急事態宣言も解除され、
徐々に経済も動いてきましたね。

さて、柏の葉学園の子どもたちはと言うと、
相変わらず元気元気元気に毎日を過ごしています。

この夏、
子どもたちはご家族の協力もいただきながら
「チャレンジサマー」というビッグイベントに参加しました。

どんなイベントか?
と言うと…、

夏休み期間を利用し、
自分で定めた目標に向かい、
毎日、目標達成のために自分で決めたことを頑張る!継続する!
そして、家族と学園の先生にもサポートしてもらう!

簡単に言うとこんなイベント。

このイベントの目的は、

  • 約束を守る大切さを体験
  • 継続することの大切さを体験
  • 達成感を味わう

そして…重要なことは、家族に協力・サポート・応援してもらうということ!

秋の深まりを感じる今、
チャレンジサマーに参加した子どもたちは、
驚くほどの成長した姿を見せてくれます!

あっっ( ゚Д゚)、
あまりにも子どもたちの成長が嬉しくて前置きが長くなってしまいました。

今回は、今柏の葉学園第2教室で力を入れている
「考える力を伸ばす」グループ学習についてご紹介したいと思います。

私自身が教育業界に携わり20年になりますが、
年々子どもたちの「考える力」の低下を実感しています。

( ↓ 特にこんな時に感じます。)
宿題の応用問題に取り組めなければいけない時、答えのない問題にぶつかった時、作文を書く時、お友だちとのトラブルが起こってしまった時、感じたことを話す時…など

こんな場面に直面すると「わからない」「知らない」「習ってない」…
考えることをシャットアウトしてしまう子どもたちが数多くいます。

中には、暴れたり泣いたりする子も…。

こんな場面に直面した時、
是非とも、子どもたちには、
今ある知識経験から、
その問題に


向かいあえる力を
考える力を


育てて行きたい! 
そんな思いから、
支援の中にグループ学習を取り入れるようになりました。

グループ学習の題材は↓

(例えば、)
子ども新聞の時事問題記事、
SDGs、
子どもたちの身近なトラブルからの法律などなど

きっと、子どもたちにとっては難しい問題ばかりでしょう。

しかし、1年程続けてきた今では、
どんな事柄にたいしても、諦めることなく必死に考え、
子どもたちなりの答えや考えを出せるようになりました。
更に、その答えや考えを人前で発表できるようになりました。

柏の葉学園に通う子どもたちは、凸凹のある子どもたちです。
苦手なことも沢山ありますが、

チャレンジする力があって
チャレンジできる機会があれば

できるんですね‼️

子どもたちが、
子ども自身で証明してくれました。

「◯◯の秋」柏の葉学園グループはこれからも、
色んなことに挑戦していきます!!

読み聞かせ会のご案内

こんにちは柏の葉学園です✨
10月1日金曜日11:00~読み聞かせ会を開催しました!!

読んだ本はこちら↓
①へんてこばけざむらい(紙芝居)
文・絵:荒木慎司

②馬になったむすこ(紙芝居)
脚本:水谷章三
絵:藤田勝治

③うまいものやま(紙芝居)
脚本:佐々木悦
絵:箕田源二郎


次回は10月15日金曜日
11:00~11:30です‼️

予約:04-7192-7738
場所:柏の葉学園豊四季校
    (千葉県柏市豊四季1002-2)
参加費:無料

ぜひ遊びに来てください😊

☆台風16号接近に伴う学園の対応について☆

 日頃より本学園の運営に対しご理解とご協力をいただきありがとうございます。
台風16号の接近により、本日の昼頃から関東地方も大雨、暴風となる予報が出ております。
子どもたちの安全面を第一に考え、台風16号の状況によっては、営業時間を短縮しての支援提供とさせていただきます。
 尚、営業時間を短縮しての支援提供の場合は、帰りの送迎時間が早くなりますのでご対応ください。
 何卒、緊急対応としてご理解とご協力をいただきたくお願いいたします。

協同学習

こんにちは。柏の葉学園です。
3月に入りました!出会いと別れの季節がやってきましたね

が咲く頃には子どもたちも進学・進級します。
入園した頃の子どもたち一人一人を思い出してみると、子どもたち一人一人の成長を感じずにはいられません。

最近柏の葉学園豊四季第二教室で、特に力を入れているのは協同学習・グループ活動です。そう!!アクティブラーニング❗️


⬇️コチラは読売Kodomo新聞をつかい「ミャンマーのクーデター」について協同学習をしているところです。

子どもたちの中からリーダーを選出し議事進行役を決めるところから始めました。


グループのみんなが最低でも一人一言づつ意見を出すことができるように、一人として流れに置いていかれるお友達が出さないようにという2つの目標を定め話し合いを開始。

文章を読むことが苦手なお友達には、リーダー自ら👆をさしサポートをする姿も見られました。


15分ほど話し合いをする時間をもうけた後、一人づつ今回の協同学習で分かったことや考えたことを発表してもらいました。

発表の仕方も、子どもたちそれぞれ異なっていました。

絵を描くお友達、新聞を貼り説明するお友達、言葉だけで説明するお友達・・・個性が現れた素敵な発表の時間となりました。


この後、目標に対しての自己評価(振り返り)を行い今回の課題は終了。 

小学校1年生から5年生のメンバーで、それぞれが抱えている凸凹の症状も様々。

どうなることかと心配していた先生たちをよそに全員がしっかり発表をすることができ、立派な協同学習ができたと思います。


このような、主体的な学習を取り入れることで、子どもたち一人一人が考え、お友達と討論し、自分の意見をまとめ、自ら意見を人に伝えることのできる子どもたちが育ってくれることを期待しています。


また、このようなグループ活動は、協調性や相手を思いやる心等、優しさが育つ活動でもあります。

柏の葉学園

千葉県柏市豊四季1002−2

電話:04−7192−7738

© 2020 柏の葉学園